後悔先に立たず

 

f:id:hentekoh:20200128193536j:plain

 

予報どおり夜中に雪が降った。

 

が、起きて外を見るとすでに雨で、草木と屋根に雪が残る程度。

だと思って、昨日載せたスノーブーツじゃなく、

雪でも滑りにくいスニーカー「アシックススノトレ」で出かけた。

 

ららららら!

我が家周辺や駅までの道は、雪が解けてグチャグチャ状態!

歩きにくいし水溜まりも雪で見えにくく、とんでもない状態。

 

しかも、メガネが曇ってなーんにも見えず。

よほど引き返して、スノーブーツに履き替えようかと思うほどだった。トホホ

 

後悔先に立たず。

 

だが、その後悔すらごまかそうとする連中もいて、

 

反社の定義、公人・私人の違い… トンデモ閣議決定の迷文集

 

桜を見る会に反社(反社会的勢力)、つまりこの場合はヤーさんが入ってたが、

「定義が困難」ということにすれば

“反社が桜を見る会に出席していたかどうかは判断できない”という理屈で

言い逃れられる。

 

が、実際には親分級ヤーさんが入ってた。

 

同じく桜を見る会がらみで、安倍昭恵の招待枠があったが、

森友学園問題の時に続いて昭恵が「公人」か、「私人」かが議論になったので、

内閣総理大臣夫人」は、公人ではなく私人であるとし、

いくら国費を使っても公人としての責任や義務はない。

 

逆に、私人が税金を使って人を招待し飲食させるって、犯罪だろ?

 

これらのへ理屈は、後づけで、後悔先に立たずが丸見えだ。アハハ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日の朝の雪

  新型肺炎、北京でも初の死者 発症2800人、死者82人に 政府の情報隠蔽が拡大を後押し!

  東京アメッシュ あれー?雪積もってないなあ。でも夜は暴風雨?

  全身エイリアンの編み物が完成したので…息子に着てもらった ワーオ!かぎ針編み!かっわいい!

  首相、IR整備めぐり「トランプ氏から要請一切ない」 ウソつきは政治屋の始まり!

 

f:id:hentekoh:20200127192824j:plain


今晩から多摩地方は雪になりそうだ。

 

天気予報を見る限り、夜中に雪は降るだろうが、

朝どれくらい積もってるかビミョーな雨・雪の境目なのだ。

 

東京は雪には弱く、5cm積もれば大混乱。

10cm積もれば電車やバスは止まり、道路も車が大渋滞だ。アハハ

 

僕は雪の多い地方の生まれだから、

40~50cmの雪なんか珍しくもなかったが、

悲しいかな東京生活の方が長くなって、身体が寒さにヘタレてしまう。アハハ

 

なんせ地元南大沢は、雪情報の時必ず中継される八王子駅前よりずっと寒いのだ。

 

全然話は違うが、

プレミアムフライデー」って最近誰も言わなくなった。

 

「どうせ大企業だけだろ!」というのが大方のド庶民の感想で、

そんなもんが普及する訳もなく、

現実を知らないおバカさんが言い出したんだろう。

 

そんな夢物語より、

ド庶民の関心は「明日朝の通勤の足」だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神話化されて伝説になった

  ワークマンが楽天市場から撤退 Amazonの有料保管と違い、送料出品者負担になるからね!

  新型肺炎 国内4例目の感染確認 日本でも外出時はマスク必須だね!

  郵便局の前にいた犬はとても大きなジャケットを着ていた うーん、やさしいジャケットだ!

  原発政策議論 リスクないがしろ 電力供給、産業、立地に力点 こんなメンバーじゃ安全はない!

 

f:id:hentekoh:20200126193750j:plain

 

JR王子駅近くの昭和の飲み屋街。

 

数年前火事があって、何軒か焼けてしまったが、

僕は学生の時、この線路の反対側に住んでたから懐かしい。

 

建物もボロボロになって、きっとお店の女将さんたちも高齢だろうが、

こういう場所を愛し、

気取らない居心地の良さで通い詰める常連さんたちが支えているんだろう。

 

世界には、いろんな起業家がいて、

AppleAmazonのように「ガレージから始まった」と言われる企業も多い。

 

だが、現実はそんな伝説とは裏腹だったりするようだ。

 

世界的なこれらの大企業はガレージから始まったと言うが…

 

によれば、

アマゾン創業者のベゾス氏は会社を両親のガレージからスタートさせた。

  さらに両親から25万ドルの融資を受けた。

Appleはガレージから始まっていない。

  スティーブジョブス氏とスティーブ・ウォズニアック氏は何度もそれを伝えている。

という事らしい。

 

「狭いガレージから出発しても頑張れば大企業にできる」

なんて教訓化された「がんばれ!」が、

いつの間にか神話化された伝説になったんだろう。

 

けれど、人のしあわせは人それぞれだし、コメントにもあるように、

写真のガレージより狭い住まいだってしあわせな人は沢山いる。

 

ひとつの価値観・生き方に縛られず、

自分なりの価値観・生き方が一番しあわせだと僕は思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

圧倒的な願い

 

f:id:hentekoh:20200125195349j:plain

 

お父さんと手をつなぎ、楽しそうな女の子。

 

赤とピンクのコーディネートも可愛くて、しあわせそうだ。

 

世界中の普通の人が、こんな風に平和で平穏な毎日を望んでるのに、

世界中の政治屋たちが、利権を争って戦争や暴力で平和を壊す。

 

日本やアメリカのように、

選挙でそういう政治屋を当選させる愚かな国民もいれば、

中国や北朝鮮やロシアのように、

元々独裁政治が徹底されてて、平和を望む声すら上げられない国も多い。

 

圧倒的な数の平和と平穏な日常を望む気持ちが反映されない世界。

 

今すぐ手を打たないと地球そのものが人の住めない状態になると、

環境の危機を訴える少女の言う通り、

それでもなお、世界中の政治屋たちは、

金金金ばかり追いかけて、何もしない。

 

先進国?

民主主義?

国民目線?

 

アハハハハハ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

存在感

 

f:id:hentekoh:20200124202607j:plain

 

秋葉原から裏路地を歩いてて目に留まったレンガの店舗。

 

趣があって、写真を撮ったが、

僕らが目に留めるのは、何故だろう?

 

いやいや、

目に留める前に、気持ちが留まるのは何故だろう?

 

目からはいろんな情報が飛び込んでくる。

「気にも留めず」という言葉があるように、気にも留まらない事の方が多いが、

でも「気に留まるモノ」は何が気持ちに留まるんだろう?

 

禅の考え方に、

「花を見て『キレイだ』と思う以前に気に留めさせる花の存在感」

という考え方があるが、

感情が生まれる前に、僕らは気持ちを留めている。

 

そういう「存在感」は、

きっと花なら花の、人なら人の、モノならモノの、有り様ではないのか?

 

気張らず、力まず、ただひたすら生きている存在感。

それがそのモノの「有り様」として、僕らの気持ちを鷲掴みにするんじゃないか?

 

自然体。

これこそ僕らの生きる意味で存在する事の力なんじゃないか?

 

そんな事をフッと思った夕方の電車だった。