自然を活かした街づくりと高齢化

  今朝、うちの猫の横顔を見て…ほれぼれとした うーんキレイ!特に眼が神秘だねえ!

  公明党の「受験生に一律2万円を支給」提案は撤回 ただの「思いつき」だったわけね!

 

f:id:hentekoh:20201027191307j:plain

 

近所の公園の芝生広場。

 

紅葉が始まって、緑の芝とのコントラストがキレイだ。

 

ココ南大沢は「東京のチベット」で、都心に比べ気温も3~4℃低い。

特に豪邸な我が家の周辺は、小山内裏公園の北斜面だから標高も高く尚寒い。

 

その分紅葉や桜が長く楽しめて、

住環境としては「いいねえ南大沢」なんて言われるほどだ。

 

自然と団地の街ならではのモノは他にもあって、

例えばバスが「南大沢団地循環」なんてのもある。アハハ

 

とはいえすでに第一次開発から35年以上たってるから、

当時若かった人たちが年を取り、高齢者が凄く多い。

 

丘陵地帯だから、駅から近くても登り坂を辛そうに歩いてるお年寄りをよく見る。

 

買物は歩いても10分もかからない駅前へ行けばいいが、

荷物を持っての帰りは大変で、

行き帰りシルバーパスでバスに乗るお年寄りも多い。

 

気持ちいい自然を活かした街づくりと、

30年40年後の生活を考えての街づくりは、中々難しいもんだ。うーん・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天国と地獄のインキンタムシ

  “着られるこたつ”が爆誕…「人類の夢できました」 担当者が「ぐうたら商品です」ってアハハ!

  首相「説明できることとできないことある」学術会議問題 「説明できない事」って何で?

  親戚のおばのPCを見たら、画期的な広告ブロックをしていた アハハ!超アナログだが効果満点!

  都内の増加ペース緩むも“今まで以上に感染予防を” 感染拡大を煽っておいて今更何を!

 

f:id:hentekoh:20201026191434j:plain

 

街灯の影。

夜は路面を照らし、昼は路面に影を映す。

 

なんか意味深で哲学的なコメントだが、特に意味はない。アハハ

 

ところで、「インキンタムシ」を知ってるだろうか?

知ってる人は、かなり年配者で、若い人は???だろう。

 

高校生の時には、ほとんどの男子がインキンタムシで、

お股の内側に、円形のブツブツができて猛烈に痒い。

 

学校にいる時にはかけないから、家に帰ったら思いっきりインキンタイムだ。

 

まず皮膚がボロボロ落ちるので新聞紙を広げ、

パンツ一丁になって大股を開き、一気にボリボリボリボリかきむしる。アハハ

 

その快感が至福の時で、「もうこのまま死んでもいい」と誰もが思う。アハハ

 

があああ、天国あれば地獄ありで、

ひとしきりかきむしった後に、

「このまま死ぬんじゃないか」と思うほどの猛烈な痛みが来る。アハハ

 

このインキンは、水虫菌と同じカビらしく、

体操着の貸し借りなどで、簡単に感染する。

 

だもんで、ほとんどの男子がインキンの天国と地獄を味わうのだ。

 

僕も今でもお股の内側に黒ずんだ痕跡があるが、

友だちの中には、膝の上まで痕跡が残ってる強者もいる。アハハ

 

ところで、当時はオロナイン位しか薬が無かったが、

いつの間に治ったんだろう?

 

それと、女子はインキンになった奴はいなかったんだろうか?アハハ

 

もし国旗議員がインキンにかかったら、

もう質疑応答どころじゃなく、ついつい審議中もかきむしる奴続出だろうなあ。アハハ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

核兵器禁止条約の批准が家族を守る

  核禁条約、不支持の日本に失望 ICANフィン事務局長 「選挙で選ばないという選択を」だよね!

  コンビニのおにぎり「小さくなった」疑惑は本当だった!? お客のニーズは「量より質」に変化!

  100年前のUVカットはこうだったのか アハハ!こっわ!でも顔を隠して体隠さず、だね!

  「輪ゴムを1本巻くだけ」で肩こりや頭痛とオサラバ! お!コレは「簡単・安上り」の貧乏人向き!

 

f:id:hentekoh:20201025190018j:plain

 

小学校4年生の最後に引っ越した。

5年生の一年間は、3年生の弟を連れて越境バス通学をした。

 

5年生の終わりに親から突然「6年生から新しい学校行くよ」と言われ唖然とした。

転向前最後の日の授業の終わりに、転校の挨拶をした。

 

僕は転校せずあと1年この小学校に通える事になってたのに・・・と、

親のダマシに不信感がいっぱいになった。

 

ある朝、自分は望みもしない戦争で原爆が落とされ、

さっきまで手を繋いで歩いていた我が子を殺された母親は、どんなに悔しいだろう。

さっきまで手を繋いで歩いていた母親を殺された子どもは、どんなに悔しいだろう。

 

核兵器禁止条約、年明け発効へ 批准50カ国、保有国に軍縮迫る

 

日本は、世界で唯一の被爆国だ。

ある日突然子どもや親を殺された人が沢山いる。

しかも、広島と長崎の2回もだ。

 

本当なら、日本が率先して核兵器禁止条約に取り組まなければならない。

のに、アメリカの核爆弾の傘で「安全が保障されてる」からと、

日本は批准を拒否し続けてる。

 

だが、日本人の多くは「核兵器なんかいらない」「戦争なんか嫌だ」だ。

が、問題は、なのに自公政権を支持する事で、

核兵器も戦争も「容認」ではなく「遂行」に同意する事だ。

 

そうして、ある日突然、

さっきまで手を繋いで歩いていた母親や子どもを殺され、

「気づいた時には手遅れの人生」が襲ってくる。

 

自分の家族の人生は、政府が決める訳じゃなく、

こうして僕ら国民が自分の首を絞める「選択の結果」だ。

 

戦前も戦中も、こうして日本は悲惨で悲しい家族を沢山生み出したのだから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二重苦の国 日本

  菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い 生活困窮促進と感染拡大政策じゃん!

  麻生氏「10万円は貯金に」 コロナ対策の一律給付で 政府の無策で不安だもん当たり前だよ!

  運転手のいない旧式の車が道路を走行しているミステリー 左ハンドル車で右のはバッグの取手では?

  コロナ禍、超富裕層の総資産額は過去最高に 7月末で1080兆円 コロナが後押しの別世界!

 

f:id:hentekoh:20201024191235j:plain

 

突発的な事が起きた時の対応で「その人の人柄が解る」と言われる。

 

もし目の前で交通事故が起きた時、

茫然と立ちすくむのか?咄嗟に救命処置をとるのか?

 

中島みゆきの「ファイト」という唄にもそんな一説がある。

 

私本当は目撃したんです

昨日電車の駅 会談で

ころがり落ちた子供と つきとばした女のうす笑い

私驚いてしまって 助けもせず叫びもしなかった

ただ怖くて逃げました 私の敵は私です

 

その場で何もできず逃げたとしても、

この歌詞のように「私の敵は私です」という自覚があるうちは、

その人は大丈夫だ。

 

問題は、全くそんな自覚すらないだけじゃなく、

自分の「卑怯な行為」を正当化したり、無かったかのように振舞う事で、

その意味で、今の政府も野党もコロナ対策を見れば歴然で、

国民が抱える様々な問題に対して「解決能力がない」と言わざるを得ない。

 

残念なのは、既存の政治屋の発想を超える人や組織がない事。

 

そう考えれば、日本は二重苦の国だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数字慣れで気のゆるみ

  PCR検査数世界155位の我が国にはびこる納得のゆかぬ事象 やっぱ「裏利権」なんだろなあ!

  「これ考えた人すごいわ」桑名駅の“飛び出す”案内表示が話題 おお!「錯視」利用なんてなあ!

  やったのは誰?飼い主の尋問に対し、正直に犯人を示した犬、示された犬 アハハ!その反応があ!

  どうなればコロナは終息するのか 抗体低下で再感染もあり、マスク・手洗い・うがい・密を避ける!

 

f:id:hentekoh:20201023190057j:plain

 

近所で紅葉が始まった。

 

住宅街はまだだが、ココは東西にのびる道路で、風の通り道。

そのせいで、毎年紅葉が早く始まる。

 

今年は秋らしい日が少なく、もう晩秋の雰囲気だが、

ヨーロッパでは1日の新規感染者が4万人を超えたりし、

フランスなどでは、一部でロックダウンも始まった。

 

東京では、毎日毎日200人ほどの感染者が出てて、1週間で1000人以上だ。

 

冷静に考えれば、「発症までの数日間この人たちは街中を移動してる」訳で、

毎週1000人を超える別の新規感染者が、次の週も、次の週も、

電車にも乗るし、スーパーやコンビニや飲食店にも行ってるから、

新規感染が収まる訳がない。

 

そのうえ、この半年以上「我慢に我慢を重ねてきた人」が、

様々なGoToキャンペーンにそそのかされて移動するから、

感染に拍車をかける結果になっちまう。

 

誰だって経験した事のないこのコロナウイルスだが、

毎日発表される新規感染者数に「数字慣れ」してしまい、

二ケタ台だと「少ねー!」なんて「収まったかのような錯覚」に陥っていないか?

 

 3月4月を思い出せば、50人や80人で「恐怖のドン底」だったはず。

 

それでもほとんどの人は、仕事・学校以外で都心などの密集地には行かないし、

マスク・手洗い・うがい・密を避けるを実践してる。

 

それでも感染するのが今回のコロナの特徴でもある。

言い換えれば「防ぎようがない」訳で、

せめて「数字慣れせず政府や自治体の『誘い』に乗らない」事だ。

 

まだまだ続くコロナウイルスとの戦いだから、

最低限の予防策だけは続けよう。

 

自分の気のゆるみで感染すれば、周りの大勢にリスクを背負わせるし、

これから始まる身近な紅葉だって 見れないよ。